読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気楽な節約 手抜きで行こう

めんどくさいことは極力避けながら生きて行きたい主婦のケチな話。

スポンサードリンク

ペットボトルで簡単!廃油石鹸の作り方。

揚げ物に使った後の古い食用油を使って石鹸を手作りすることが出来ます。

廃油で作るので合成洗剤を含まず、手肌にやさしい石鹸。

数年前からお風呂掃除や食器洗いに使っていますが

冬場でも手荒れすることがほぼなくなりました!

水と廃油と苛性ソーダを化学反応させます。

ペットボトルを使っておうちで簡単に作る方法をご紹介します。

 

今回はもらい物の廃油がタップリあったので600ccで2回作りましたが

500のペットボトルを使うのでしたらこの半分の量になります。

今回は1.5Lの大きいペットボトルを使いました。

 

<材料>

●廃油 600cc

●水  200cc

●苛性ソーダ(水酸化ナトリウム) 80g

●お好みでアロマオイル 適量

 ※苛性ソーダは劇薬です。たんぱく質を溶かす性質があるので

  皮膚に付いたり目に入ったりすると大変危険なものです。

  ゴム手袋、眼鏡などで保護し、慎重に扱う必要があります。

  お子さんの手が届かないところに保管し、

  取り扱う時にも近くにお子さんやペットがいないところで

  使った後の器具や捨てたゴミにも細心の注意が必要です。

  薬局で購入できますが、記名と印鑑が必要です。

  ドラックストアなどでは置いてあるところが限られているようで

  前もって電話で確認した方がよさそうです。

  私は入手までに4軒ほど回りました><

f:id:nanaio:20140923183344j:plain

<用意するもの>

●ペットボトル(半分の量なら500mlのもの。今回は1.5Lサイズ)

●はかり(苛性ソーダを計ります。)

●計量カップ(水や廃油を計ります。)

●じょうご(苛性ソーダをペットボトルに入れるために使います。)

●クッキングペーパー(苛性ソーダをはかりに乗せる時に使います。)

●ゴムやビニールの手袋

●眼鏡かゴーグル

●牛乳パック

苛性ソーダが皮膚に誤ってつかないよう服装は長袖がおすすめです。

f:id:nanaio:20140923183323j:plain

今回使う廃油です。もらいものでもっとタップリあります。

かなり濃い色ですね^^;

f:id:nanaio:20140923183443j:plain

手順1 ペットボトルに水→苛性ソーダの順に入れる

手袋、眼鏡、長袖の服でしっかり防御して下さい。

まずははかりにクッキングペーパー(なければビニール袋)を乗せ

苛性ソーダを計ります。

苛性ソーダは湿気を吸いやすいので使う直前に計って下さい。

水を計ってからペットボトルに入れ、苛性ソーダを少しずつ入れて行きます。

 ※この時、苛性ソーダがフレーク状だととても入れにくいので

  じょうごなどを使って少しずつ入れるなどこぼさないよう注意!

  ビニール袋で大きなフレークを小さく砕いてから

  端をカットしてペットボトルに入れてもよいと思います。

ペットボトルの口をしっかり締めて苛性ソーダを完全に溶かします。

苛性ソーダと水が混ざるとかなりの高温になりますのでやけどに注意して下さい。

順序が逆になり苛性ソーダの中に水を加えると一気に温度があがり危険です。

必ず水の中に苛性ソーダを少しずつ入れて下さい。

私は鍋に水を張ってその中で冷ましながら混ぜています。

 ※苛性ソーダを水に混ぜた時に出てくる蒸気は有毒ですので

  吸い込まないようにしましょう。換気をよくして作業してください。

f:id:nanaio:20140923185120j:plain

 

手順2 廃油を入れてしっかり混ぜる。

苛性ソーダが完全に溶けて、人肌程度に冷めたら

ペットボトルに廃油を計って入れます。

廃油の匂いが気になるようでしたらアロマオイルを数滴一緒にいれます。

(今回はハッカ油を入れてみました。ミントのいい香りです。)

f:id:nanaio:20140923185546j:plain

ペットボトルの口をしっかり締め、スーパーの袋などの

ビニール袋に入れて口を閉じます。

(もしペットボトルの口が間違って開いてしまったら危険なので)

あとはひたすらシャカシャカ振って混ぜます。

20~30分くらい。

f:id:nanaio:20140923191113j:plain

シャカシャカする息子。

中の感じがもったりして、とろみのついた感じになればOK。

白っぽくなります。

f:id:nanaio:20140923193742j:plain

 

手順3 牛乳パックに移し、固まるまで数日待つ。

f:id:nanaio:20140923193905j:plain

この状態ではまだ直接触れるととても危険ですので

お子さんの手の届かないところへ置いておきます。

夏なら3日ほど、冬なら1週間くらいで固まります。

牛乳パックを外側から触れば固まっているかどうかわかります。

(初めて作った時にうまく固まらず、ゼリー状のままでしたが

 1か月くらい置いてやっと固まり、使えるものになりました。)

 

 手順4 固まったらカットして1か月熟成させる。

この時点でもまだ直接触るのは危険ですので手袋を必ずしてください。

使いやすい大きさにカットしていきます。

f:id:nanaio:20140927131939j:plain

 私は牛乳パックのまま、包丁でがしがしカットし、取り出します。

ちょっと固めのチーズのような切り心地です。

取り出してから更に使いやすい大きさにカットします。

f:id:nanaio:20140927133004j:plain

今回は2回分まとめて作ったのでかなりの量があります。

ジェル状石鹸を作る為に半分は厚み5mmほどの薄切りにしました。

このまま風通しの良いところで1か月置いておけば完成です☆

 (完成まではお子さんの手に触れないようお気を付けください。)

 

出来上がった石鹸はお風呂洗いや食器洗い、運動靴あらいなどに大活躍。

油汚れにとても強いので台所回りの掃除にも最適です。

苛性ソーダの取り扱いには細心の注意が必要ですが、

作り方はとても簡単!是非お試しください。

液体廃油せっけん、ジェル状せっけんの作り方はこちらに書きました。

setuyaku.hatenablog.com

 苛性ソーダは危険そうだしなーと思われる方は

危険な苛性ソーダを使わず簡単に廃油処理と石鹸作りが出来る

こういうのを試してみてはいかがでしょうか。

 廃油入れて混ぜるだけで翌日にクリーム状の石鹸が出来上がりだそうです。

一袋で廃油500g分の処理が出来ます。

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク