気楽な節約 手抜きで行こう

めんどくさいことは極力避けながら生きて行きたい主婦のケチな話。

スポンサードリンク

暖房をつける前にやっておきたい節約

朝晩が寒くなってきましたね。

これからどんどん寒くなって暖房の季節です。

ついついエアコンのスイッチを入れたくなりますが

その前に出来ること、いくつか並べてみました。

 

【便座にシートやカバーをかける】

夏の間スイッチオフしていた温便座。ひやっとしてくると

すぐスイッチ入れてしまいますがその前に

便座カバーや乗せるだけのシートをおけばひやっとが防げます。

こんなやつです。↓ ダイソーなど100均にもあります。

 カバーより手軽に乗せるだけですし、洗って何度も使えます。

真冬になってもこのシートがあれば温便座の温度を一番低いままでも

ひやっとすることがありません。

便座のあたためスイッチは24時間入れっぱなしなので

一日の電気代は大したことがないでしょうけども

半年間、あたたかい温度で維持するのは結構な電気が必要です。

カバーをつけることで放熱が抑えられ20%の節約になるそうです。

フタを閉めることも放熱を抑えることになります。

カバーやシートをしてもお尻が冷たく感じてからスイッチを入れます。

 

【断熱シートを敷く】

床からの冷えが気になってきたら敷物の下に断熱シートを。

ホットカーペットやこたつの下に敷くと熱を逃さず節電に。

 ホットカーペットなどを使う前でも床からの冷えを防ぐことができます。

ペラペラなものからクッション性のあるものまで様々。

厚みのある方が断熱効果は高いです。

ホームセンターでサイズも様々売っています。

小さいものならダイソーなど100均にもあります。

 

【窓際ボードで冷気を防ぐ】

お部屋を冷やす窓からの冷気を立てかけるだけで防ぐことができます。

 小さくたためるので収納も困りませんし

お部屋に合わせてハサミで簡単にカットできます。

足元の冷えがずいぶん違いますよ。

ホームセンターで様々なサイズや色柄が置いています。

 

【断熱結露防止シートを窓に張る】

窓に水スプレーをしてぺたっと張るだけ。

窓の結露を防ぎ断熱効果もアップ。省エネになります。

冬場だけでなく夏の冷房効果もアップしますので一年中使えます。

 半透明で目隠しになるのもいいですね。

昼間はお日様の暖かさを部屋に入れるために

レースのカーテンも開けることが出来ます。

 

【ドアの下にすきま風ストッパー】

ドアの下にはさむだけで冷たいすきま風を防ぐことが出来ます。

 ホームセンターでもっと安く売っていると思います。

 

【すきまテープで引き戸の隙間を作らない】

引き戸だときちんと閉めたつもりが少しの隙間が開いていたってこと

ありませんか?

すきまテープを使えば冷たいすきま風も防いで

閉めたときのバタンという音も防ぐことができます。

100均にも色んな幅のものが売られています。

 すきまを作らないことで暖房も冷房も効果もアップ。省エネになります。

 

 初期投資はかかりますが、ワンシーズンでも元が取れると思います。

設置するだけでほっといても節約になるものばかり。

何年も使えるものですし、持っておいて損はないと思います。

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク