気楽な節約 手抜きで行こう

めんどくさいことは極力避けながら生きて行きたい主婦のケチな話。

スポンサードリンク

飲み物を携帯しよう。

今年はもう涼しい日が多いですが、

暑い季節はついつい外でジュースなどを買ってしまいます。

仕事や学校、外出のたびに飲み物を購入すると

積もり積もって結構な金額になりますよね。

自宅から飲み物を必ず持って出る習慣がつけば

ひと夏でずいぶんと節約に。

魔法瓶タイプのものも小さくてバッグに入れられるものも多く売られています。

保冷だけでなく保温も出来るので冬もあったかい飲み物を入れられます。

広口で氷もいれられて一日中冷たさをキープ。

やはり需要は夏に多い商品なので

ちょっと涼しくなった今くらいがホームセンターなどで

よく安売りをしています。手に入れるなら今がチャンスかも?

 

ペットボトルでも冷たいお茶を持ち歩く方法があります。

ペットボトルに半分くらいお茶を入れ、口をふさがないよう

斜めにおいて凍らせます。

ヘタクソな絵ですがこんな感じ。

f:id:nanaio:20140829212937j:plain

凍ったら空いた部分にお茶を入れれば

長い時間冷たいお茶を楽しむことができます。

結露で周りが濡れてしまうのでペットボトルホルダーや

ハンドタオルに包んでかばんに入れた方がいいです。

学校に行く子供に大きな水筒を持たせる必要のない季節などにぴったり。

長い時間出かける時はこの半分凍ったものと全部凍ったものを

両方持って出ればたっぷり飲めます。

ペットボトルホルダーは100均にもたくさんありますね。

肩掛けタイプもありますがどうも100均のはひもが短い><

 これも100均においていますが100均のものは壊れやすく

何度も買い換えたのでしっかりしたもののほうが結局安くつくかもしれません。

 

ペットボトルの中身を洗うには

たまごの殻を小さく割り、少しの水と一緒に中に入れシャカシャカすれば

きれいになります。

塩素系漂白剤と水を入れて漬け置いてもキレイさっぱり。

 

家にいても夏場はお茶を何度も冷蔵庫から出し入れします。

昔ながらの魔法瓶が一つあれば

朝冷たい麦茶と氷をいれてテーブルに置いておけば

いちいち冷蔵庫を開けなくても冷たいお茶が一日楽しめます。

楽だし節電にもなります。

 これ、冬には電気ポットの代わりにも使えるので一年中活躍します。

多少は冷めてくるので電気ケトルと併用しています。

一日中保温のために電気を使う電気ポットよりもずっと節電になります。

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク