気楽な節約 手抜きで行こう

めんどくさいことは極力避けながら生きて行きたい主婦のケチな話。

スポンサードリンク

放置でらくらく節水

家で水を使うところと言えば

お風呂、トイレ、洗濯機、洗面台、台所。

まずは洗面台の節水から。

うちは小さい子供がいてるので水や湯を全開にして出します。

レバー式だと微妙な調整が子供には難しく全部上げてしまいます。

昔からある節水コマも何度か考えたのですが

取り付けもめんどくさそう・・。

そんなものを使わなくても簡単に水が出る量を制限する方法がありました。

洗面台の下はこういう感じになっていると思います。

暗い写真ですみません。

f:id:nanaio:20140816193859j:plain

お湯とお水のハンドルがついていてこれをひねることで水の量を調節できます。

夏場ならお湯は閉めてもいいかも。

お水を出すぎないように適度に閉めれば節水完了。

これで子供が全開にしてもジャージャー大量に出しっぱなしになりません。

こういうハンドルがない場合は節水コマをどうぞ。

 

次はお風呂の節水。夏はシャワーを浴びる機会が増えると思います。

家族が多い場合は結構な水量になります。

節水シャワーヘッドに替えるだけで節水が出来ます。

 シャワーの出る穴が小さくなっていて少しの水量でも勢いがあります。

おまけに手元にボタンがついていて湯を止めることができます。

こまめにお湯をストップできるのも節水効果。

約40%の節水になるそうです。

 

次はトイレ。

トイレはタンクの上の方から落ちる力で勢いよく流していますので

残り少なくなったころには水の勢いがなくさほど必要ないのです。

なので水の栓を早めにおろす重りのようなものが売られています。

これも一度つけたらホッタラカシの節約グッズ。

 残念ながらうちは温水便座の都合で取り付けることは出来ませんでした。

トイレの形状によってつけられるものとそうでないものがあるようです。

付けることが出来れば一日30回の使用で年間54㎡の節水になるとか。

なのでうちではトイレに行く時に家族で行きたい人を募集。

続けて用を済ませ一度に流すという荒業です^^;

 

洗濯機は給水ポンプ付きで風呂水を使用。

最後のすすぎは水道水ですがこれは残り湯を使うのが気になる方も。。

給水ポンプだけも売っています。

 

台所の節水はまた別で書こうと思います。

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク