気楽な節約 手抜きで行こう

めんどくさいことは極力避けながら生きて行きたい主婦のケチな話。

スポンサードリンク

炎天下の外出を涼しく過ごす工夫

車で移動し涼しいお店へお出かけするなら問題ないですが

真夏でも外へ出かけて過ごさなければならないとか

外を歩かなくてはいけない時などをいかに涼しく過ごすか。

私がやっていることをいくつか挙げて行きたいと思います。

 

小さい子供がいるため、公園や運動会、プール当番、幼稚園の送り迎えなど

なにかと暑い中外へ出なければならいことが多いです。

熱中症にならない為に水分補給はもちろんですが、

私はあまり汗をかかない体質のため、体に熱がこもりやすいのです。

そこで思いついたのが薄手の大きなストール。

 これを水で濡らして肩から腕にかけてかぶります。

(しっかり絞らないとしずくが垂れてきたりはしますが・・・)

外で風に当たるだけでかなり涼しい!

日焼け防止のアームカバーも濡らしてつければ一石二鳥。

気化熱でどんどん体温を奪っていってくれますので

風があるところなら本当に涼しく過ごせます。

 

子供には帽子はもちろんですが

保冷剤を首に巻けば熱中症対策に。

 100均にも最近は置いていますよね。

帽子の中にも小さな保冷剤を入れたりします。

首のひんやりベルトは夏の料理中も大活躍。

灼熱のキッチンでもこれのおかげで耐えることができます。

 

もうひとつ暑い時のお出かけで重宝しているのがスプレーボトル。

 うちは100均のものですが、これに水を入れて持ち歩き

暑い時に自分や子供達に振り掛けています。

よく熱中症対策でミストシャワーをやっているところがあると思うのですが

それを自分で持ち歩きしているような感じ。

風のないところなら携帯扇風機のミスト付きも便利

 ただの風だけよりかなり涼しいです。

 

お茶を入れ凍らせたペットボトルも重宝します。

保冷剤代わりにひんやり冷たく、溶けてくれば水分補給も出来て一石二鳥。

 

余談ですが洗濯したばかりのTシャツを着て(干す前)

扇風機に当たると風邪ひきそうなくらい涼しいですw

 

凍らせるものと濡らすものばっかりでしたが

ちょっとした工夫で灼熱の炎天下を快適に過ごすことが出来ます。

毎年熱中症で多くの人が倒れてしまう最近の夏。

節約も大切ですが無理をせず元気に過ごしましょう!

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク